Zenfone 修理

Zenfone6(ZS630KL)の水没水濡れ修理・不具合は町のお店へ!(分解写真あり)


ASUS Zenfone6(ZS630KL)(エイスース ゼンフォン・シックス)は、2019年5月に発売されたASUS Zenfoneシリーズの最新機種であり、ASUS JAPAN(エイスースジャパン)からも2019年8月23日に販売が開始され、そのマニアックな内容と7万円前後という価格とは思えない高スペックさで人気を誇っている注目端末となっています。

昨年、台湾版をいち早く入手した際の簡単なご紹介記事はこちらから↓↓
Zenfone6(ZS630KL)の修理は「町のお店」へ

やはり、一番の目玉といえば、電動駆動のフリップカメラではないでしょうか。
各メーカーがフロントパネルの大画面化を図っており、どれだけインカメラのノッチを最小限に抑えられるかで競っているところ、Zenfone 6は上記写真のように、通常はバックについているアウトカメラ(リアカメラ)がウイーンと動いて上部に移動し、フロントカメラに早変わり!
何という発想でしょうか。
フロントカメラはアウトカメラに比べると画質や機能が低いことがほとんどであり、各端末によってその差はさまざまですので、自撮りを重要視される方はカメラがいいと聞いて端末を買ったにもかかわらずインカメラに後悔したり、もう少し良くならないかなとモヤモヤを抱えていらっしゃる場合も多いと思います。
でも、この機能によってアウトカメラの画質で自撮りができるため、インカメラを使用する頻度が高い方、画質や機能向上を望まれていた方にはとてもうれしく画期的な機能となりました。もちろん、複数回使用できるように数々のテストを乗り越え、1万回の回転ができるようになっており、耐久性も安心安全のようです。
画面のカメラアイコンをスワイプしたりボリュームキーを押すと、カメラの角度が180度の範囲で調整できるのもありがたいですよね。

また、インカメラを設置していないため、フロントパネルの画面占有率は約92%。割れにくく強いガラス「Corning Gorilla Glass6」を採用しています。
バッテリーも、大容量の5,000mAhで、18W急速充電(Quick Charge 4.0), 10Wリバース充電にも対応。大容量のバッテリーを搭載しながらも端末の重さが200グラムを超えず、またサイズ感も抑えられており、そこもまた魅力の一つとなっています。いくらバッテリー容量が多くても、端末が重すぎ、大きすぎてはやはり使用していく上でマイナスとなることも出てきます。総合で見てみても、高スペックで顧客の要望を叶え、さらにチャレンジも感じられるとっておきの一台であるといえるでしょう。

まだ販売から1年経っていませんが、すでに画面割れ修理や水没など、突如発生する故障などのご相談を続々頂いております。(充電が出来なくなった、バックパネルやフレームに傷がついた、通信不良になった、カメラ不具合なども)

画面割れパネル交換修理やゴーストタッチはもちろんのこと、バッテリー・電池交換や水没、バックパネル・フレーム交換、メインボード交換などの全体的な修理をお考えの方々に少しでも安心して頂けるように、下記で修理の金額などの詳細をはじめ、今回は水没水濡れ修理の修理事例も一緒にお伝えできればと思います。

郵送修理(全国対応)でも、店頭即日修理(大阪・イオンモール大日店)でも対応しておりますので、スマホでお困りの場合は「machino omise」にお任せください!

Zenfone6(ZS630KL)の修理価格と修理時間

ASUS Zenfone6(ZS630KL)を含むZenfone6シリーズの修理価格一覧です。

機種名型番 
ZenFone 6 ZS630KL ☆☆☆ 修理料金表はこちら

上記リンクから修理の依頼が可能です。
当ショップでは純正同等品で、且つ修理の専門家がしっかり品質を確認した最高のものを使用しております。

また、画面交換の場合は、約1~2時間にて修理可能です!

Zenfone6(ZS630KL)の水没水濡れ修理事例、分解写真

今回のご依頼内容は「端末使用中、近くに置いていたコップを倒してしまい、水が端末にかかってしまった。」との内容でした。よくある事例ですが、防げたのではないかとみなさん後悔され落ち込まれている悲しい案件です。

遠方からのご相談でしたので郵送にてお送りいただき、到着後すぐに検査、修理に取り掛かりました。

水没の処置は、まず端末内部を全分解し、一つ一つブラッシング洗浄作業を行い腐食した部分をきれいにしていきます。
症状によって追加でさまざまなパーツ交換なども必要となってきますが、基本は腐食除去作業より行います。

今回は起動しますが、画面のタッチがおかしい時があったりWi-Fi接続が出来ないときがあるなど不安定であるという内容でした。比較的軽度であることが予想されますが、水没端末は状況が一気に変わることも少なくないので慎重に対応していきます。

フロントパネル。カメラノッチがないのでパッと見るとどちらが上部かわかりません。

背面のバックパネル。比較的厚めの端末ですが、左右が丸くカーブしているため手のフィット感はよく独特なデザインとなっています。

外観のチェックが終わると、後側のバックカバーより開封していきます。

バックパネルに指紋認証パーツがあるため、断線しないよう慎重に作業しましょう。

基盤から指紋ケーブルを外しました。

リアカメラの関係で、このようなコの字のバックパネルになっています。

メインボード、サブボード上には保護カバーが付いている為、ネジなど必要パーツを外してカバーを取り除きます。

まずはメインボード(メイン基盤)のカバーを取り外しました。

その後、ブラッシング作業を行うため、メインボードを取り出します。

バッテリーが大きいため、メイン基盤の面積が小さく感じますね。

あれ、さっきメイン基盤を外したのに!また下部に基盤が現れました。
Zenfone 6のメイン基盤は二重構造になっており、上部を外したあと、カメラガラスを外し、カメラパーツを外してからやっと下部の基盤を取り外すこととなります。

一見、そこまでひどいように感じませんが、顕微鏡などでみると水没の跡が分かり、腐食部分も確認できました。
内部までしっかり処置が必要となります。

上記は上部のメインボード。

Zenfone 6のバッテリーの型番はC11P1806(またはC11P1706)ですね。

バッテリーを外すと、基盤をつなぐケーブルが現れます。

端末下部のサブボード、充電コネクタも外します。

このように、すべてのパーツを一度取り外してから、腐食箇所をしっかりとブラッシングし、復旧処置を行います。
今回は軽度であったため、フロントパネルやバッテリーなどに大きな影響はなく良かったのですが、多くの場合がフロントパネルに斑点が現れたり充電機能の影響が出たりするため、必要に応じてパーツを交換します。

まだ購入されて間もない端末の水濡れということでお客様はとても心配されていましたが、最低限の価格で修理期間も短く済んだのでとても感動した!とお客さまより喜びの声を頂戴し、我々もとてもうれしかったです。
また、修理後はしっかりと動作確認を行っており、端末の経過観察も問題ないことを確認しておりますのでご安心くださいませ。

今回は郵送修理で遠方にお住まいのお客様からのご依頼でしたが、ショップに到着してからすぐに取り掛かり、翌日には発送させて頂くことができました。もちろん、ご来店にも対応しております。(水濡れの内容、状態により対応時間に影響がございます)

データもしっかり守ります!代替機も貸し出し可!

水濡れ修理をはじめ、スマホ修理の上でお客様が一番心配されることは、データが消えてしまうかどうかだと思います。
キャリアに修理を依頼する場合、端末は初期化して戻ってきますが、当店ではお客様からのデータ保護の希望にも対応しております。
(重度の水没や基盤故障の場合はデータ保護が不可となりますのでご了承くださいませ。)

また郵送修理では代替機の貸し出しに対応していないところも多いですが、当店では代替機の貸し出しも承っておりますので安心して修理をご依頼いただけます。

地域最安値なのに技術とアフターフォローは充実!

machino omiseでは、元スマホキャリアで働いていた技術が確かな専門スタッフが在籍しており、各スマホ修理店からの修理請負業務も行っている為、他店では修理出来ないような難しい修理も可能です。
また、台湾や中国など海外にも拠点があり、現地の修理パーツが最速で、しかも良品パーツが豊富に手に入るため、低価格での修理が可能となっています。

修理事例でも記載しましたが、水没修理も内部を開けての作業となるため、組み立て後は他の部品に不具合が出ることも…。当社は動作確認マニュアルを準備し、様々な角度から検査を実施し、全ての検査項目に合格したものを修理完了品としてお客様にお渡ししています。
修理後は、3か月間の保証付き!修理後に起きるもしもの不具合やパーツの初期不良の時にも対応していますのでご安心ください。

その他のZenfone,Zenpad修理記事と関連記事

その他ZenfoneシリーズやZenPad、Rog phoneなどASUS端末の修理をご希望の場合、下記URLよりご希望の修理機種をご選択の上お問い合わせくださいませ。

https://machinoomise.com/blog/estimate/

※記載の無い機種やASUSでない機種も修理を承っておりますので、お気軽にご相談下さい!

郵送修理、店頭即日修理ともに対応可能

遠方のお客様でも安心の郵送修理(全国対応)の場合は、下記、カスタマー・サポートセンターへご依頼・お問い合わせください。
また、即日修理をご希望の場合や大阪、関西近辺にお住まいの場合は、イオンモール大日店内で店頭修理も行っておりますのでぜひご来店くださいませ。

町のお店 カスタマー・サポートセンター(郵送依頼はこちらへ)

株式会社CIO
町のお店 カスタマーサポートセンター
570-0083 大阪府守口市京阪本通2-1-2 大村ビル2F
TEL:06-7710-6732

 

町のお店 イオンモール大日店(店頭修理、即日修理はこちらへ)

株式会社CIO
machinoomise スマホ修理&アクセサリ イオンモール大日店
営業時間 9:00-22:00(店休日無し)
〒570-0016
大阪府守口市大日東町1-18 東館2階
TEL:06-6995-4150
FAX:06-6995-4140

機種名型番 
ZenFone 6 ZS630KL ☆☆☆ 修理料金表はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*