海外補償安心サービス

海外スマホが国内スマホよりもおすすめな3つの理由


あなたはスマートフォンを購入する際、何を決め手に購入しますか?

・価格が安い
・気に入ったデザイン
・機能/性能が良い
・好きなメーカー製品
・新製品/新機能が備わっている
・格安SIMで運用したい
・海外で使用したい

多くの方が上記のような理由では無いでしょうか。

今回はスマホ購入時に海外スマホが国内スマホと比べておすすめな理由を3つご紹介します。

国内スマホと比較して海外スマホがおすすめな3つの理由

下記で詳しく紹介していきますが、海外スマホが国内のスマートフォンと比較し
おすすめな理由は以下3つです。

理由その1:トータルコストが安くなる事が多い
理由その2:最新機種国内非売品が多数!
理由その3:海外旅行でも使える

スマートフォンは現代人には必須となっており、
コストを抑えたい方・最新機種やかっこいい・かわいいスマホを手に入れたい方、
旅行、ビジネスで使用したい方等用途は様々です。
海外スマホはそんな願いを叶えてくれる優れものです。

それでは、詳しく見ていきましょう。

理由1:海外スマホは国内スマホと比べトータルコストが安くなる事が多い

国内スマホはほとんどの方が3大キャリア(Docomo、au、Softbank等)からのセット購入が
メインで、乗り換え割引や機種変更割引などキャリア契約とセット購入で値引きなどの
特典はあるものの月額費が高いので結局は月々の運用費が高くなり、端末代金0円で
試算しても2年間にするとなんと189,024円支払うことになります。

3大キャリアの月額運用平均:7,876円※MMD研究所調べ

では格安SIMメーカーとセット販売しているスマートフォンはどうでしょうか。
例えばYmobileや楽天Mobileとセット販売されているASUS社のZenfone3のZE520KLを例に端末代金と価格帯を見ていきます。

国内スマホの運用費

定価:4万2,980円(税込)
※2016年10月にヨドバシカメラでYmobileとセット購入で約1.8万円の大幅値引きの24,800円(税込)で販売
端末料金:24,800円
月額費用:1年目は1,980円、2年目からは2,980円

割引を適用するには2年契約する必要がある為、
月額費累計(2年):59,520円
2年間合計(端末+月額費用):84,320円

では本題の海外スマホはどうでしょうか。
そもそも海外はSIMフリー端末が主流な為、国内のSIM会社は選び放題です。
ここでは格安SIMの中でも特に人気のあるmineoのデータを例にとって説明していきます。
Zenfoneは台湾ブランドなので、台湾価格での価格を見てみます。

海外スマホの運用費

定価:8300台湾ドル 日本円にすると約29,880円※1台湾ドル3.6円で計算
実際に入手するには輸入する必要がある為、輸入に必要な金額を加えます。
消費税8%と送料・燃油サーチャージ費等(1500円程)を足すと

・mineoデータ通信プランのみの場合
端末代金:約33,770円
月額費用:700円
 2年間合計(端末+月額費用):50,570円

・mineoデータ通信+通話プランの場合
端末代金:約33,770円
月額費用:1,310
 2年間合計(端末+月額費用):65,210円
海外スマホで運用した方が明らかに安い結果となりました。
勿論、海外版の場合は端末縛りは無い為、2年間契約する必要もありません。
その為、違約金も0円です(SIM会社との契約を除く)。
2台持ちの方で2台目として運用する方以外は電話は使用されると思いますので、
mineoの通話プランで3大キャリアと比較するとその差額は何と123,814

一人あたりの差額がこれだから恐ろしいですね。。
浮いたお金でハワイ旅行に行けてしまいます。

上記Zenfone3のZE520KLであれば、弊社が運営する町のお店であれば
海外スマホあんしん補償パック(端末故障時に最大2年間無料修理)とセット購入で何と端末代金30,000円で購入可能!

Zenfone3 ZE520KLの購入はこちら:Zenfone3(ZE520KL)ページ
その他、海外スマホ販売ページはこちら:海外スマホあんしん補償パック対象一覧ページ

さらにさらに町のお店ではクレジットカード支払いであれば最大24回分割払い可能!
これにより、一括購入の必要もなく、mineoのデータ通信プランのみでの契約で
月々の費用は何と2,450円!!(金額内訳:端末代金1,250円+海外あんしん補償パック500円+mineoデータ通信プラン700円)
Ymobileだと通信料だけで2年目からは2,980円なので破格だという事がお分かりいただけると思います。

そもそも国内メーカーだとスマホありきでSIM会社を選ばないといけないので、
格安SIM会社を選んだところで、欲しいスマホがその格安SIM会社に無かったり、
あったとしても割引キャンペーンがなければいくらSIMの運用費が安くても端末代金自体は跳ね上がります。
その点、海外版は端末の種類は日本より遥かに豊富で、国内のSIM会社も選び放題なのでとても良いですね!

理由2:海外スマホは最新機種の入荷が国内に比べ圧倒的に早い

詳しい方であればネットやニュース等でもご覧になっていると思いますが、
iPhoneはアメリカや香港の方が早かったり、国内メーカであるXperiaも
香港や台湾の方が発売が早い場合がほとんどです。

これはスマホ市場が世界に比べるとそれ程大きくない等の理由からです。

現に、2017年の4月6日にXperia XA1が台湾で発売されましたが、
国内ではまだ出回っておらず、発売日も未定(20017年4月8日時点)となっております。

勿論、町のお店では発売日より前に予約販売を行い、発売日と同時に出荷しております。

最新機種を含むスマホ販売ページはこちら:海外スマホあんしん補償パック対象一覧ページ

また、未定ならまだしもそもそも海外にしか存在しない低コスト機種や
ハイスペック機種、コストパフォーマンスが高い機種も沢山あります。

町のお店では新しいスマホが発売の発表があるたびに現地スタッフがいち早く情報を仕入れ、
メルマガや当ブログでお知らせしますので、情報の最先端を行く方は是非町のお店の会員登録をお願いします。

町のお店の会員登録ページ:トップページより会員登録へお進みください。

理由3:海外スマホは海外旅行先でも使用可能

普段はあまり意識しないかもしれませんが、旅行が好きな方や出張などのビジネスで使用される方は特に、海外でもスマホが使用出来るという事は本当に大きなメリットです。

海外によってはプリペイドSIMというものが販売されており、その名の通りプリペイド式のSIMカードなので月額料金も発生せず、データ通信はもちろん、通話が出来たりと、とても重宝します。
海外スマホであればSIMフリーなので、現地でプリペイドSIMを購入し端末に挿すだけでお使いいただけます。※SIMフリー端末でなければご利用出来ません。

国内スマホの場合はどうでしょう。
国内キャリア(au/docomo/softbank等)のSIMだと海外プランで使用できるプランに加入していないと、仮に海外で使えたとしてもパケット通信料の問題で高額な料金を請求される事になります。

時には何十万と請求されます。大げさではなく、本当です。もちろん、そもそも使えない事あります。

今の時代、海外旅行でもスマホが使えないと不安でしょうがないです。
海外だからこそ、スマホ使いたいですよね。
現に私も定期的に海外に行きますが、スマホが無いと待ち合わせも出来ないし、不安で身動き取れません!笑

また、海外旅行で海外スマホがおすすめな理由がもう1つあります。
デュアルSIMという機能を搭載したスマホをご存じでしょうか。
その名の通り、SIMカードが2枚挿せる端末で、これだと国内SIMを挿したまま、
2枚目に海外のSIMを挿せる為、海外にいる際に国内SIMの紛失や破損の恐れがなく、
とても便利です。
もちろん国内SIM同士を2枚挿す事も可能ですので、例えば通話代が安いSIMと
通信料が安いSIMを2枚挿しして、電話をする時だけSIM1、ゲームをする時だけSIM2のような
使い方も自由自在!

デュアルSIM SIMフリースマホの販売ページはこちら:海外スマホあんしん補償パック対象一覧ページ

結論:海外スマホはとてもオススメ!

海外スマホは選択次第で大幅にコストダウンを図ることができ、
なおかつ自分好みの機種が選び放題です。
ぜひ、視野を広げ海外スマホで運用してください。

最後に、2017年おすすめの海外スマホを紹介して終わりにします。

 

2017年おすすめ海外スマホ一覧

最後に、2017年時点のおすすめ海外スマホをご紹介します。
メイン機、サブ機(2台持ち用)など様々な用途があると思いますが、
海外スマホはデュアルSIM(SIMカードを2枚挿せる)に対応している機種が多いのが特徴です。
その中でも特におすすめな3つのメーカーをご紹介します。
もちろん、日本語対応
国内メーカの保証は受けれませんが、当社がバッチリサポートします。

ASUS

特徴:安いのにハイスペックという超コスパメーカー
低価格帯が多いので、海外スマホ初心者にとてもオススメ

◆端末紹介:
Zenfone3 ZE552KL
Android 6.0
2017年春モデル
画面サイズ:5.5インチ
内蔵メモリ:ROM 64GB RAM 4GB バッテリー容量:3000mAh
カラー:ブラック/ホワイト/ピンク
PRポイント:国内キャリアとも連携しているスマートフォン
ハイスペックなのに端末価格は4万円台とコストパフォーマンスが非常に高い


販売ページはこちら:Zenfone3 ZE552KLの販売ページ

ZenFone Live ZB501KL
OS:Android 6.0
2017年春モデル
画面サイズ:5.0インチ
内蔵メモリ:ROM 16GB RAM 2GB バッテリー容量:2650mAh
カラー:ゴールド/ピンク
PRポイント:世界初のライブストリーミング機能搭載スマホ
自撮りが超きれいに取れるので女性にとてもオススメ!
付属品に三脚が付いているのも高ポイントの一つ。
価格も2万円台と衝撃です。

販売ページはこちら:ZenFone Live ZB501KLの販売ページ

SONY

特徴:意外と思われるかもしれませんが、国内では出回っていない機種多数!
さらに新機種もいち早く入手可能です。

◆端末紹介:
Xperia XA1 G3125
OS:Android 7.0
2017年春モデル
画面サイズ:5.0インチ
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB バッテリー容量:2,300mAh  ※Qnovo Adaptive Charging対応
カラー:ブラック/ホワイト/ゴールド/ピンク
PRポイント:国内未発売品。
Xperiaの中でもミッドレンジモデルとなっており、とてもバランスの良い機種
この価格で2300万画素はさすがSONYというべきです。

販売ページはこちら:SONY Xperia XA1の販売ページ

Xperia XZ premium G8142
OS:Android 7.0
2017年夏モデル
画面サイズ:5.5インチ
内蔵メモリ:ROM 64GB RAM 4GB バッテリー容量:3,230mAh  ※Quick Charge 3.0対応
カラー:ルミナスクロム(シルバー)、ディープシーブラック、ブロンズピンク
PRポイント:Xperia XZのハイエンドモデル
Xperiaの中でもハイスペック仕様となっており、これ1台でカメラも音楽プレーヤとしても
全て完結させたい方にお任せ

SAMSUNG

特徴:元々が韓国製品だけに、国内よりも海外の方が価格が安いです!
しかも香港や台湾モデルは世界の中でも新機種の出るスピードが特に早いメーカーとなります。

◆端末紹介:
Galaxy S8 SM-G950FD
OS:Android 7.0
2017年春モデル
画面サイズ:5.8インチ
内蔵メモリ:ROM 64GB RAM 4GB バッテリー容量:3,000mAh
カラー:オーキッドグレー/メープルゴールド
PRポイント:国内未発売品。
世界シェアトップクラスのGalaxyシリーズ最新版。
Galaxyを買うなら特に価格面でも安くなる海外版がおすすめです。

販売ページはこちら:Galaxy S8 SM-G950FDの販売ページ

◆端末紹介:
Galaxy S8 Plus SM-G955FD

OS:Android 7.0
2017年春モデル
画面サイズ:6.2インチ
内蔵メモリ:ROM 64GB RAM 4GB バッテリー容量:3,500mAh
カラー:オーキッドグレー/メープルゴールド/ブラックスカイ
PRポイント:国内未発売品。
Galaxy S8の上位モデル。最高のパフォーマンスを求める方におすすめしたい一品です。

販売ページはこちら:Galaxy S8 Plus SM-G955FDの販売ページ

 

HTC

特徴:台湾メーカの中で価格ではなくスペックに重きを置いている印象。
初代Xperiaが出た同時期にHTC Desireという機種を出したが、認知度は低いものの
スペックはXperiaを凌駕していた。今でもばりばり現役のハイスペックスマホ製造メーカ。

◆端末紹介

HTC U11 台湾版

OS:Android 7.1.1
2017年夏モデル
画面サイズ:5.5インチ
内蔵メモリ:ROM 64GB~128GB RAM 4GB バッテリー容量:3,000mAh
カラー:ブリリアントブラック/アイスホワイト/サファイアブルー/アメイジングシルバー/ソーラーレッド(台湾限定)
PRポイント:世界最高峰のカメラ性能に加え、
握る」ことで様々なアプリや機能が使える次世代スマホ!
他の人とは違うスマホを持ちたい!という方におすすめの一品です。

販売ページはこちら:HTC U11販売ペー

いかがでしたでしょうか。

 

海外スマホと聞くとハードルが高く思う方も沢山いらっしゃると思いますが、
当店『町のお店』は国内企業でありながらも海外(アメリカ/香港/台湾/中国)に強いパイプがある為、
安価でかつ万一の故障時も正規ルートで修理が可能な日本初のサービス:『海外スマホあんしん補償パック」付きの販売を実施しております。※パック非加入でのご購入も可能です。

海外スマホのメリットをたくさん紹介しましたが、
更に補償も付けばもう怖いものはありません。

海外スマホという選択肢、試してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*