xperia

SIMフリーXperia購入は日本版より海外モデルが便利


SONYが販売するAndroid搭載のスマホ端末、Xperia。

カメラやディスプレイがハイスペックで人気を集めているスマホです。もともとは海外を本社に置くソニーエリクソンが製造する端末でしたが、今では日本企業のソニーモバイルコミュニケーションズが製造会社とあって、信頼感も高いです。

人気Androidスマホとして注目が集まるXperiaの魅力を紹介します。

Xperiaは保存メディアやカスタマイズがiPhoneより優れている

Android端末に対抗している人気スマホと言えば、iOS搭載スマホのiPhoneです。

PCはMac、スマホはiPhone、アップル社の製品で身近な電子端末をまとめている人も少なくありません。ですが、世界的なシェア率で見ると、iOS端末は約11%、Androidは90%程度ということがIT分野リサーチ企業のGartner社の調査によりわかっています。

日本のシェア率はAndroid33%に対して、iOSは66%なので、圧倒的にiPhoneが優勢です。日本でのシェアは過半数にも届いていないAndroidですが、世界的に支持されている理由があります。

Androidはカスタマイズが自由自在

iPhoneに採用されているiOS端末にはカスタマイズの制限があります。この制限からスマホを解放するためには「ジェイルブレイク」という特殊な作業を行わなくてはいけません。ただし、ジェイルブレイクを行うと、iOSのサポートを受けられなくなるため、技術にとても詳しい玄人でないとカスタマイズは難しいでしょう。

その点、Androidはオープンソースとして解放されたOSなので、カスタマイズが自由にできます。Xperiaはハイスペックなスマホ端末なので、カスタマイズをして利便性を向上したいという人も多いでしょう。

カスタマイズをすれば、ホーム画面の表示スタイルやジェスチャー入力で特定の操作のショートカットキーを設定することもできます。Xperiaなら初期状態から搭載されているハイスペックな機能とあわせて、操作性も向上できるのです。

Androidは保存メディアで記録を拡張しやすい

スマホ端末は高品質な動画撮影や高画質の写真を保存できる反面、ファイルを圧縮する機能に課題があります。ファイル容量を削ることは難しいため、たくさんのデータを保存するためには、記録メディアを追加する必要があります。

iPhoneの場合はiCloudというクラウドサービスでスマホ端末の外へデータ保存が可能ですが、iCloudは月額課金のサービスです。そのため、利用を止めるまでお金がかかりますし、一度でも利用し始めてしまうと、移動作業がおっくうになり解約することが難しいです。

Android端末の場合はSDカードやマイクロSDカードをつなぐことができます。SDカードなら月額課金の必要はなく、安価で入手できます。簡単に16Gや32Gの記録メディアを追加することができるので、データの保存容量を心配する必要もありません。

Xperiaの場合、とくにカメラの画素数が優れています。Xperia XZの場合、外側についているカメラは2,300万画素。内側についているカメラは1,300万画素です。iPhone7は外側1,200万画素・内側700万画素なので、圧倒的にXperiaの方が画素数が高く、美しい撮影が可能です。

高画質な撮影データを保存することができ、データの外部保存も優れているのがXperiaの特徴です。

防水・防塵なのでアクシデントに強い

ケータイ端末の弱点と言えば、浸水による故障です。「胸ポケットに入れていたスマホをトイレに落としてしまった」という話を聞いたことがある人も多いでしょう。

Xperiaシリーズの一部機種では防水・防塵機能がついているため、水没などのアクシデントが起きた場合でも安心です。また、ゲリラ豪雨など、急な悪天候にも強いことが特徴です。

Xperiaの価格は8万円前後で購入可能

Xperiaシリーズは高機能なので、値段が高いという心配があるでしょう。機能が優れている分、本体価格も高いのですが、iPhoneと比べると安価で購入できる場合が多いです。

Xperiaシリーズの平均価格
Sony Xperia XZs 6~8万円
Sony Xperia XZ Premium 8~10万円

機種や販売価格や時期によって価格は変動しますが、8万円前後で購入することができます。海外からSIMフリーモデルを輸入すると安く手に入りやすいです。

XperiaはSIMフリーモデルを購入しよう

Xperiaを購入するには2つの選択肢があります。

1つはドコモから購入すること。もう1つはSIMフリースマホを海外から購入することです。XperiaはアップルのiPhoneとは違い、SIMフリーモデルの国内販売は行われていません。そのため、海外から購入する必要があります。

ドコモから買えば手厚いサービスがあるので安心して使用できますが、格安SIMや海外で使用するためには「SIMロック解除」という手続きが必要になります。解除手数料や解除条件の手間を考えると、海外からSIMフリーモデルを購入した方がラクです。

海外モデルでも言語設定は簡単に日本語に変更することができます。ただし、海外から個人で輸入する場合、故障時の代替機が貸し出されなかったり、初期不良の交換可能期間が短かったりと、サポートが手薄で不安になります。

そこで、日本国内に本社を構えている「町のお店」から購入すると安心して海外モデルのSIMフリーXperiaを手に入れられます。トラブル時に対応してくれる、補償サービスや修理中の代替機貸し出しなど、サービスが手厚いことが特徴です。

「町のお店」はフォローが手厚い!安心して購入できる

Xperiaを購入するならドコモではなく、海外のSIMフリーモデルを選ぶべきです。Xperiaの操作性を存分に発揮するためのカスタマイズや防水・防塵機能など、高性能なAndroidならではの特徴があります。

町のお店から購入すれば、端末故障などのトラブル時に代替機を渡してもらえたり、素早く丁寧なサポートをしてもらえたりと、安心できる要素がたくさんあります。海外に拠点を置いたサイトだと、ここまで丁寧な対応は文化の違いなどから難しいでしょう。

XperiaシリーズのSIMフリーを安全な方法で手に入れるなら、町のお店を利用してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Warning: extract() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/machinoomise/smartphone-kaitori.shop/public_html/wp-content/themes/xeory_extension/lib/functions/bzb-functions.php on line 299

格安海外スマホ購入はこちら


コメントを残す

*