Zenfone 修理

ROG Phone(ZS600KL)の修理は「町のお店」へ


超ハイスペックゲーミングフォンROG Phone(ZS600KL)の修理は町のお店へ。

PC市場で人気のASUS ROGシリーズから、ゲーミングスマートフォンが発表され発売前から大変話題になりました。主な特徴として高クロックCPU搭載・8G RAM搭載・豊富な拡張アクセサリーによるプレイスタイル・外付け空冷ファンなどガジェット好きにはたまらない仕様になっています。
日本でも無事2018年11月に発売されASUS Storeの価格では11万9500円(税別)と価格もハイスペックになっていますが、所持している満足感はかなり得られますね。しかしいざ修理することになれば、残念ながら大変高価になってしまいがちです。メーカー修理が高価すぎて諦めてしまいそうな修理・交換は是非、「町のお店」にご相談ください。

当ショップはROG Phoneを含むZenFoneシリーズを以前から修理に力をいれています。全体修理においてZenfoneシリーズは60%以上を占めており、かなりASUSの修理に力を入れております。海外スマホ修理に早くから着目し実績も多数ございますのでご安心ください。

今回はROG Phoneの有機ELパネル(OLED)の交換修理についてお伝えしたいと思います。

ROG Phone(ZS600KL)の開封・修理手順

 

あまりのカッコよさに外観をしばらく見とれていまいました(^^;
重厚なフレームに手に取った時の印象は、しっかりホールドされているが重さが200gあるため結構重く感じました。そのぶんブレることなくホールドできるためゲームにも没入できそうですね。サウンドについても7.1chバーチャルサラウンドでデュアルフロントのスピーカーを採用しているためかなり迫力があります。起動音も渋いですね(刀をサヤやから抜くような音)

お客様が一度だけ落とされてしまったとき、打ち所が悪かったのか画面表示ができなくなったということです。
有機ELパネル(OLED)はデリケートのため、IPS液晶などと比べ扱いに注意しないとすぐ壊れてしまう可能性があります。ROG PhoneはGorilla Glass6を搭載していますが、ガラスは丈夫で割れなくても、内部に衝撃が加わり点灯しなくなったと思われます。有機ELパネル(OLED)搭載機種の取り扱いは要注意ですね。

 

分解についてですが、スマホ本体下部と、左側中央にもUSB Type-C端子を2カ所搭載するなど、一般的なスマホと違いかなり特殊な作りになっています。
ROG PhoneはSnapdragon845搭載機のなかでも特別にカスタマイズされた高クロックで動作するため、専用の外付け空冷ファンを装着できるなど、特殊な構造になっていますのでコネクタが非常に多く、有機ELパネル(OLED)の分離に到達するまで13箇所コネクタを外す必要がありました。外すだけでもかなり苦闘しますが、画面をメイン基板のフレームに装着するときのほうが収まりが難しく、かなりの手間がかかります。

有機ELパネル(OLED)は圧倒的な表現力・省電力など様々なメリットがありますが、ROG Phoneの不具合として、落としてしまったときに、表示画面に線が入ったり、一部表示ができなくなることが多いようです。恐らくロット個体差があるかと思いますが、なるべく保護ケースをつけるなど外部からのダメージを受けないようにすることが得策かと思います。

有機ELパネル(OLED)を仮付けして動作確認。パネル交換の修理自体は約2時間前後で完了しました。修理代もメーカー修理よりもリーズナブルでしたのでお客様にも大変喜んでいただけました。
まだROG Phoneを修理や交換ができる業者は限られていますので、一度ご相談ください!

 

ROG Phone(ZS600KL)の修理料金

『町のお店』では現地に直接出向き、品質の良いパーツを取り扱う工場と直接提携を結んでいる為、安定した品質で修理可能です。

また、発売して間がない新しいモデルについても、海外モデルの修理に強みがある当店だからこそ修理ができます。是非ご相談ください。

メールでのお問い合わせは https://machinoomise.com/blog/ のお問い合わせフォームから
電話のお問い合わせは 06-7710-6732 まで

リンク先(最新価格)ROG Phone(ZS600KL)修理価格・修理時間目安表

フロントパネル交換(ガラス割れ・液晶破損) 約7日 ¥32,000
フレーム交換 約7日 お問い合わせ
ゴーストタッチ、タッチパネル不良の修理 約7日 ¥32,000
マザーボードの修理・交換 約7日 お問い合わせ
充電コネクター交換 約7日 お問い合わせ
バッテリー交換 約7日 ¥13,000
アウトカメラ交換 約7日 お問い合わせ
インカメラ交換 約7日 お問い合わせ
WIFI不良の修理交換 約7日 お問い合わせ
水没・浸水故障の修理 約7日 ¥10,000
その他部品の交換・修理 約7日 お問い合わせ
文鎮化・再起動ループ・フリーズの修理 約7日 ¥10,000
デバイスプロテクション(Googleロック)解除 約7日 ¥9,500
Androidバージョンダウングレードサービス 約7日 ¥9,000

上記の表は2019年5月20現在

データもしっかり守ります!代替機も貸し出し可!

メーカー修理を依頼する場合、端末は初期化して戻ってきますが、当店ではお客様からのデータ保護の希望も対応しております。

また郵送修理では代替機の貸し出しに対応していないところも多いですが、当店では代替機の貸し出しも承っておりますので安心して修理をご依頼いただけます。

代替機が必要な場合は、ご依頼時にお申し付けください。1台5000円にて対応しております。

バッテリー交換やカメラ交換などにも対応

当店では画面交換(フロントパネル交換やガラス交換、液晶パネル交換)だけではなく、バッテリー交換(電池交換)やカメラ交換はもちろんのこと、充電不良や水没端末、通信エラーやスピーカー、マイク、アンテナ修理などあらゆる端末の修理が対応可能!パーツの調達に少しお時間がかかることがございますが、まずは海外モデルの修理に強い『町のお店』にご相談ください。海外端末の修理実績多数ございます。

修理対応型番

対応モデル一覧:

ASUS ROG Phone(ZS600KL)

※流通量が大変少ないモデルになっていますので、修理に関する相談は、一度ページ下部よりお問合せください。

技術とアフターフォローが充実!

『machino omise』では、元スマホキャリアで働いていた技術が確かな専門スタッフが在籍しており、各スマホ修理店からの修理請負業務も行っている為、他店では修理出来ないような難しい修理も可能です。
どんなに安くてもどんなに早くても、修理完了後の保証がなければ安心できません。修理後3か月間の保証付き!修理後に起きるもしもの不具合やパーツの初期不良の時にも対応しています。

『machino omise』は総務省の登録修理業者制度に登録しています。登録修理業者制度とは2015年から始まり、総務省の厳しい登録基準をクリアした業者のみが修理可能な制度です。最近では町中を歩いているとスマホ修理業者がたくさんありますが、品質や価格、サービスも様々といったところ。認可されている修理業者は法的にもクリアで技術も伴っていますのでご安心ください。
リンク先:総務省登録修理業者制度 [登録番号]:R000056

郵送修理・店頭修理ともに対応可能

郵送修理、店頭修理のどちらにも対応しています。
関西圏にお住いの場合、大阪の店舗に直接来ていただいた方はその場で修理受付し、パーツの在庫があれば当日ご返却可能。お待ちいただく際も店内で映画やお食事、ショッピングなども楽しみながらお過ごしいただけます。

店舗ご来店・ご郵送ともに下記からお問合せいただけます。
https://machinoomise.com/blog/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*