Galaxy 修理

Galaxy S9の修理は町のお店へ!(画面割れ・電池交換・不具合)


Galaxy S9(ギャラクシー エスナイン)は、2018年夏モデルとして海外グローバル版をはじめとし、日本国内でもdocomo(ドコモ)・au(エーユー)から販売となった、Samsung(サムスン)のSシリーズ機種となります。

まずはカラー展開からですが、下記の通り、チタニウムグレー、ミッドナイトブラック、ライラックパープルの3種類となっております。

質感は、落ち着きの中にもゴージャスさを感じるようなシルバー加工風の輝きとなっており、パープルは女性層も取り込みたいという意向が伺える珍しいカラーとなっています。

バックには、リアカメラ(メインカメラ)と指紋認証。トリプルカメラや画面内埋め込み式指紋認証が普及している2019年11月現在からすると、従来の王道スタイルのビジュアルだなと感じますね!新しい機能や使用方法に慣れないという方が、S10やNote10が販売されているにもかかわらず敢えてS9に機種変更を行っているなどの情報も耳にするくらいですので、今後もS9仕様は引き続き需要があるのかもしれませんね。

また、基本的な機能面については、下記の通りほとんどの必要機能が備わっています。

・デザリング機能
・おサイフケータイ(ドコモ、エーユー)
・ワンセグ、フルセグ
ハイレゾ音源
・イヤホンジャック
・Bluetooth
・ワイヤレス充電
・防水、防塵
・生体認証 (指紋認証センサー、顔認証センサー、虹彩認証センサー)

イヤホンジャックもあり、ワイヤレス充電も対応という機種はなかなかないので、非常に満遍なくユーザーの希望を叶えた一台であると言えるでしょう。

日本国内でもファンの多いサムスン機種。すでにご愛用の方もたくさんいらっしゃると思います。

「落としてパネルが割れてしまった!」「一年経過しバッテリーの持ちが悪くなった」「プールで水濡れしてしまった!」など、弊社ではすでにさまざまなお問い合わせを頂き、対応させていただいております。

画面割れやゴーストタッチはもちろんのこと、バッテリー・電池交換や水没、バックパネル・フレーム交換、メインボード交換などの全体的な修理をお考えの方々に少しでも安心して頂けるように、下記で修理の金額などと併せて修理のようすをお伝えできればと思います。

郵送修理(全国対応)でも、店頭即日修理(大阪・イオンモール大日店)でも対応しておりますので、スマホでお困りの場合は「machino omise」にお任せください!

Galaxy S9の修理価格と修理時間

Galaxy S9シリーズの修理価格一覧です。

機種名型番 
Galaxy S9 plus SC-03K,SCV39 ☆☆ 修理料金表はこちら
Galaxy S9 SC-02K,SCV38 ☆☆ 修理料金表はこちら

上記リンクから修理の依頼が可能です。
当ショップでは純正同等品で、且つ修理の専門家がしっかり品質を確認した最高のものを使用しております。

また、画面交換の場合は、約1~2時間にて修理可能です!
(製品番号はSC-02K(docomo)、SCV38(au)、SM-G960F、SM-G9600(SIMフリー)
)

Galaxy S9の修理事例

今回の修理事例は内部分解を行いながら説明をしていきたいと思います。

フロントパネル。
こちらが割れている場合も、S9はバックパネルから開封していくため、全分解が必要となります。

まずは、バックパネルの枠一周を温め、開口ピックなどを挟み込み、少しずつずらして粘着を剥がしていきます。

一周ピックなど粘着を剥がすことが出来たら、バックパネルを開いていきます。

バックパネル側の内部がこちらです。


本体側のフレーム部分やバックパネルの裏の灰色の部分には粘着剤がまだ付着しているため、先にしっかりと処置を行っておきましょう。

次に、ネジを外してNFCと基盤カバーを取り外します。

また、下部のサブボードカバー(ラウドスピーカー付き)なども全て外します。

基盤が露わになりました。

次に、カメラ類や画面ケーブル、アンテナなどの接続を外してメインボード(マザーボード)を取り外していきます。

下部のサブボード(充電コネクタ部分)も取り外します。
また、バッテリーも粘着されているので十分注意しながら取り外します。

ほぼ、パーツが空っぽの状態となりました。

バッテリー交換の際もここまで分解するため難しい作業となりますね。

下記写真はサブボードとなりますが、こちらの取り外しの際にはイヤホンジャックや青白のシグナルケーブル、また下部でなく横向き(フレーム側)にくっついているケーブルなど全てにおいて取り扱いに注意が必要です。断線させたり、接続部を故障させたりするリスクがあります。


また、メイン基盤とサブボードとをつないでいる接続部も複雑につながっているので、一度このようにメイン基盤をのけぞらせる形で分離させる必要があります。


フロントパネル交換の場合は、更にバイブレーターやイヤースピーカーなどの小パーツも全て外してからフロントパネルを取り外し、新しいものを装着。
その後、同じようにパーツを組み立てていき、バックパネルを閉じれば修理完了となります。

裏側から開ける修理となるため、前面のパネルを交換する際も全分解となりかなり大がかりとなりますが、端末が新品のようにきれいになり、修理期間も短く済んだのでとても感動した!とお客さまより喜びの声を頂戴し、我々もとてもうれしく思います。

バッテリー交換や水没修理、起動不良などの案件でも同じように喜びの声を頂いておりますので、現在お悩みをお持ちの方は、ぜひ一度 町のお店までご相談下さいませ。

データもしっかり守ります!代替機も貸し出し可!

液晶交換をはじめ、スマホ修理の上でお客様が一番心配されることは、データが消えてしまうかどうかだと思います。
キャリアに修理を依頼する場合、端末は初期化して戻ってきますが、当店ではお客様からのデータ保護の希望にも対応しております。

また郵送修理では代替機の貸し出しに対応していないところも多いですが、当店では代替機の貸し出しも承っておりますので安心して修理をご依頼いただけます。

地域最安値なのに技術とアフターフォローは充実!

machino omiseでは、元スマホキャリアで働いていた技術が確かな専門スタッフが在籍しており、各スマホ修理店からの修理請負業務も行っている為、他店では修理出来ないような難しい修理も可能です。
また、台湾や中国など海外にも拠点があり、現地の修理パーツが最速で、しかも良品パーツが豊富に手に入るため、低価格での修理が可能となっています。

修理事例でも記載しましたが、フロントパネル交換修理も内部を開けての作業となるため、組み立て後は他の部品に不具合が出ることも…。当社は動作確認マニュアルを準備し、様々な角度から検査を実施し、全ての検査項目に合格したものを修理完了品としてお客様にお渡ししています。
修理後は、3か月間の保証付き!修理後に起きるもしもの不具合やパーツの初期不良の時にも対応していますのでご安心ください。

その他の機種のGalaxy 修理をご希望の場合

Galaxy Note3,Note5,Note8,Note9,Note10などのNoteシリーズ、Galaxy S6,S6edge,S7,S7edge,S8,S8plus,S9plus,S10,S10PlusなどのSシリーズの修理をご希望の場合、下記URLよりご希望の修理機種をご選択の上お問い合わせくださいませ。

https://machinoomise.com/blog/estimate/

※記載の無い機種やGalaxyでない機種も修理を承っておりますので、お気軽にご相談下さい!

郵送修理、店頭即日修理ともに対応可能

遠方のお客様でも安心の郵送修理(全国対応)の場合は、下記、カスタマー・サポートセンターへご依頼・お問い合わせください。
また、即日修理をご希望の場合や大阪、関西近辺にお住まいの場合は、イオンモール大日店内で店頭修理も行っておりますのでぜひご来店くださいませ。

町のお店 カスタマー・サポートセンター(郵送依頼はこちらへ)

株式会社CIO
町のお店 カスタマーサポートセンター
570-0083 大阪府守口市京阪本通2-1-2 大村ビル2F
TEL:06-7710-6732

 

町のお店 イオンモール大日店(店頭修理、即日修理はこちらへ)

株式会社CIO
machinoomise スマホ修理&アクセサリ イオンモール大日店
営業時間 9:00-22:00(店休日無し)
〒570-0016
大阪府守口市大日東町1-18 東館2階
TEL:06-6995-4150
FAX:06-6995-4140

機種名型番 
Galaxy S9 plus SC-03K,SCV39 ☆☆ 修理料金表はこちら
Galaxy S9 SC-02K,SCV38 ☆☆ 修理料金表はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*