ASUS

ASUS ROG Phone(ZS600KL)が台湾にて9月末発売開始!


6月4日、台湾ASUSがゲーミングスマートフォン「ROG Phone」を発表し、いよいよ9月末から台湾にて発売開始されます。

ASUSはゲーミングPC市場でも首位に立っていることもあり、ASUSが手掛ける超ハイスペックゲーミングスマートフォンとして、発表から大変注目されていました。

台湾にて9月末から(一部ゲットされている方もいますが)発売される予定で、日本国内にも確実に投入される予定です。拡張アクセサリーなどを中心にご紹介いたします。

ROG Phone(ZS600KL)の発売日と価格

◆発売日
8GB/512GBモデル 2018年9月下旬予定(台湾)
8GB/512GBモデル+アクセサリーセット 2018年9月下旬予定(台湾)
8GB/128GBモデル 2018年10月下旬予定(台湾)

◆価格
8GB/128GBモデル:約26,990台湾ドル(約99,000円)
8GB/512GBモデル:約31,990台湾ドル(約117,000円)
アクセサリーフルセット(スーツケース込み):約34,430台湾ドル(約126,000円)
8GB/512GB+アクセサリーフルセット:約66,420台湾ドル(約243,000円)
※台湾ドルで計算

また最近、下位モデル(登録名:ASUS_Z01QD)の存在も確認されています。
こちらはRAM容量が4/6/8GB、背面カメラがデュアル仕様からシングル仕様、バッテリー容量が4000mAhから3850mAhなど、ややスペックダウンとなりそうです。
日本国内には最上位モデルが投入されるという話もあります。

ROG Phone(ZS600KL)のスペック・各アクセサリー

 

  ROG Phone(ZS600KL)
ディスプレー 6.0インチ
画像解析度 2,160x 1,080  AMOLED
サイズ 158.83 x 76.16 x 8.65 mm
重量 200g
OS Android 8.0 Oreo
CPU Qualcomm Snapdragon 845 2.96Ghzオーバークロック仕様
メモリ 8GB
ストレージ 128GB/512GB
SIMサイズ Dual-SIM(Nano-SIM+Nano-SIM)
外部メモリー 外部ストレージ(MicroSDスロット)なし
4G/LTE対応バンド FDD-LTE(Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 20, 28, 29, 32)
TD-LTE(Bands 34, 38, 39, 40, 41,46)
WCDMA (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 19)
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac  2.4&5GHz
802.11ad 60GHz(WiGig)
リアカメラ 1,200(F1.8)+800万画素(120°広角)
フロントカメラ 800万画素(F2.0)
バッテリー 4,000mAh 
指紋認証 あり
USB USB3.1 Gen 1 Type-C
その他 Quick Charge 4+、超音波センサー(エアトリガー)
豊富な拡張アクセサリー
カラバリ ブラック

オーバークロック仕様のSnapdragon 845搭載!

 

競合他社のSnapdragon 845通常機は2.8GHzで動作します。しかしROG Phone(ZS600KL)は、QualcommとASUSの共同開発した特別なSnapdoragon845を搭載。なんとオーバークロックで3GHz手前の2.96GHzで動作します。そしてAntutuスコアは軽く30万超えています。オーバークロックによる熱に対応するため、「3D Vapor-chamber Cooling」と呼ばれる技術で効率よく冷却されるそうです。一般的なスマートフォンの16倍の冷却面積になるそう。更に 「Hyper Charge」技術を使った急速充電に対応しています。付属の充電器の最大出力は12V 2.5Aで30Wです。約30分の充電で約60%まで充電可能とのこと。また、メモリ解放、割込無効、CPU駆動強化などを即制御できるXモード機能も搭載。

複雑な操作が可能になるエアトリガー搭載!

エアトリガーとは横持ち時、コントローラーでいうL1/R1キーに超音波センサーを内蔵して、トリガーボタンとして使うことができる機能です。
PUBGに代表されるFPS/TPSゲームなど、複雑でかつ、俊敏な操作が必要なゲームなどで威力を発揮できそうです。

最大リフレッシュレート90Hz駆動、応答速度1msの有機ELパネルを採用!

ディスプレイは6.0インチ 2,160×1,080のAMOLED。HDRに対応するほか、90Hz駆動で応答速度は1msとゲーマー向け仕様になっています。リアカメラは1,200万+800万画素のデュアルレンズでインカメラは800万画素。有機ELといえば最近は120Hzや144Hz駆動のスマートフォンも登場しているので、ちょっと物足りないなぁと個人的に思うところです。しかし応答速度は1msは本気を感じられます。

豊富な拡張アクセサリー装着でゲームスタイルを変化!

ROG Phoneは別売のアクセサリーを使用することで、ゲームスタイルを変化してくれます。それぞれのゲームソフトに合わせて拡張できるので、大画面でプレイしたい!画面タッチでは操作しづらいのでゲームパッドを使いたい!など様々なニーズに答えてくれます。そんなアクセサリーをご紹介。全部欲しいところですが、アクセサリーをすべて揃えると大変高額になりますので、皆さんのスタイルにあったアクセサリーを見つけてください!

Aeroactive Cooler(本体に付属)

こちらは最初から本体に付属の外付け空冷ファン。これを装着するだけでCPUを47%冷却できるそうです。専用アプリでその回転数を制御することも可能。ほんとにゲーミングPCそのもの!

TwinView Dock(8,990台湾ドル 約33,000円)

 

ROG PhoneをニンテンドーDSシリーズのように、2画面モードで利用するための拡張ユニット。上部ディスプレイにROG Phoneを装着、下部ディスプレイ側にはROG Phoneと同じ2,160×1,080ドット表示対応の6型有機ELディスプレイを搭載。本体内部には6,000mAhのバッテリを搭載しており、ROG Phoneの内蔵バッテリと合わせて合計10,000mAhもの超大容量で、長時間駆動を可能。この他、ヘッドフォン端子、SDカードスロット、USB Type-Cポートなど拡張性も備わっています。残念な点は、かなり分厚く、重くなるのは仕方がないところでしょうか。容姿は初代ニンテンドーDSを彷彿させます(笑)

ROG Phone Case(1,490台湾ドル 約5,470円)

カバー側面は、エアトリガーに干渉しないデザインとなっています。背面ロゴ部分は世界初のASUS Aura RGB機能を搭載。ロゴ照明がカスタマイズできる個性的な機能です。

ASUS Professional Dock (2,990台湾ドル 約11,000円)

USB Type-Cポートからインターフェースを拡張できます。マウス、キーボード、ディスプレイなどの入出力端子を搭載。そして注目は、有線LAN接続ポート搭載していて、オンラインゲームの遅延抑え安定した通信が可能になることです。

Mobile Desktop Dock(4,990台湾ドル 約18,300円)

 

ROG PhoneをPCライクに使えるようになるためドックです。冷却機構も備えていて、DisplayPort、USB 3.0 Micro-B、SDカードスロット、マイク端子、ヘッドフォン/S-PDIFジャック、HDMI、DisplayPort、Gigabit Ethernetポート、USB 3.0×4、USB Type-C、Gigabit Ethernetを搭載。これでもかと拡張端子てんこもりです。

Gamevice Designed for ROG Phone(2,990台湾ドル 約11,000円)

上で紹介しているTwinView Dockと同様、ゲームをプレイしやすくするためのROG Phone専用ゲームパッド
持ち運びも便利ですし、Aeroactive Coolerも装着でき価格も比較的お手頃なのこともあるので、こちらのゲームパッドを買われる方が多いのではないかと思います。
一見、Nintendo Switchにも見えます(笑)

ASUS WiGig Dock(7,990台湾ドル 約29,300円)

 

高速無線通信規格「WiGig」に対応するWireless HDMIアダプタ「WiGig Dock」を装着することで、遅延の少ない伝送により大画面にすることができます。ROG Phoneは先進規格の802.11adを採用しています。

発売日直前の様子 in 台湾

追加記事ASUS ROG Phone(ZS600KL)発売直前!in台湾

ASUS ROG Phone(ZS600KL)を買うなら「町のお店」で

「町のお店」では台湾版のSIMフリー端末を多数販売しております。
ASUS ROG Phone(ZS600KL)は台湾にて9月末に発売予定ですので、「町のお店」でも近日取り扱いを予定しています。

購入後のサポートもバッチリ

「町のお店」は台湾に支店があり、日本人スタッフが直接買い付けています。当然ながら、海外スマホによくありがちな「修理サポートができない」など困ることはありません。また、「あんしん補償プラン」も別途ご用意しており、故障時もしっかりサポートしています。ご購入のお客様より「あんしん感が違う」と大変満足頂いております。

ASUS ROG Phone(ZS600KL:台湾版)の購入はこちら

弊社ECサイト「町のお店」にて販売開始しました。
月々少ない掛け金で海外スマホをしっかり補償いただける
海外スマホあんしん補償もご加入いただけます!水濡れや液晶破損にも対応!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*