Zenfone関連情報

Zenfone5シリーズの発売日、価格、スペック、レビュー情報(日本)!


ASUS JAPANは、「#Back To 5 ~AIで新たなる境地へ~」と称した新製品発表会を5月15日(火)にメディア向けに開催することを明らかにしました。また、同日17時半からは東京赤坂にある「ASUS Store Akasaka」で一般ユーザー向けの新作体験会を開催する予定となっています。

 ASUSのお膝元である台湾ではすでに4月12日にZenfone5の発表会が行われ、即日販売を開始していますが、日本においても発表会にて同シリーズの発売がアナウンスされる見込みです。なお、日本では昨年のZenfone4発表会より約1週間後に販売開始となったことから、5月22日(火)頃に発売されると思われます5月18日(金)で確定しました。

国内モデルの発売まで待ちきれないユーザーに向けて、これまで分かっている情報をお伝えしていきたいと思います。
※随時更新していきます。

Zenfone5シリーズの発売日と価格(日本モデル)

  日本モデル 台湾モデル
 発売日  販売価格 発売日 販売価格
 Zenfone 5Q(ZC600KL)  5月18日  39,800円  3月15日 約36,700円
 Zenfone 5無印(ZE620KL)  5月18日  52,800円  4月12日 約44,000円
 Zenfone 5z(ZS620KL)  6月下旬以降  69,800円  6月予定 ?円

※参考として台湾モデルの発売日や価格も掲載しています。(レートは0.27で換算)
※国内モデルの販売価格は税抜きです。

Zenfone5シリーズのスペック(日本モデル)

詳細のスペックは発表会待ちではありますが、過去の傾向によりZenfone5 (ZE620KL)の国内モデルは6/64GBモデルを投入してくる可能性が高くなっています。台湾版のZE620KLと比べて価格にも影響が出そうですが、Zenfone5Q(ZC600KL)<Zenfone5(ZE620KL)<Zenfone5Zと価格帯にメリハリが付くものと思われます。

   ZenFone 5Q  Zenfone 5無印  Zenfone 5Z
型番 ZC600KL ZE620KL ZS620KL
ディスプレー  6.0インチ  6.2インチ  6.2インチ
アスペクト比 18:9 19:9 19:9
画像解析度  2,160 x 1,080 FHD+ 2,246x 1,080 FHD+ 2,246 x 1,080 FHD+
OS 8.0 Oreo 8.0 Oreo 8.0 Oreo
CPU  Snapdragon 630  Snapdragon 636  Snapdragon 845
メモリ/ストレージ  4/64GB 6/64GB 6/128GB
リアカメラ  1,600+800万
(F2.2 / F2.4)
 1,200万+800万(F1.8) 1,200万+1,200万(F1.8)
フロントカメラ 2,000+800万
F2.0 / F2.4)
 800万(F2.0)  800万(F2.0)
バッテリー  3,300mAh  3,300mAh  3,300mAh
USB microUSB  Type-C Type-C

Zenfone5シリーズのおすすめポイントと残念なポイント

Zenfone5Q(ZC600KL)のおすすめポイント

・スペックもそこそこ高い上にお手頃価格!
・ディスプレイがデカい!(トレンドの18:9スマホ!)
・カメラが前2つ、後ろ2つ4つも付いている!
・トリプルスロットを搭載!(MicroSDカードとデュアルSIMが同時に使える!)

Zenfone5Q(ZC600KL)の残念なポイント

・AI非対応
・充電の際に煩わしい(充電部分がMicro USBのため)

Zenfone5(ZE620KL)、5Z(ZS620KL)のおすすめポイント

・画面占有率90%の6.2インチ大画面ディスプレイ
・iPhoneXのようなノッチディスプレイ!がiPhoneXの半額で!
・Zenfone4(ZE554KL)と大きさや重さがほぼ一緒!
・進化したカメラ機能!「AIカメラ」でより綺麗により楽しく撮影できるように!
・充電もめちゃめちゃ早い!しかも「AIチャージ」がバッテリーを最適にコントロールしてくれる!
・期待大!国内初のDSDV対応予定!(※未確定です)
・5Zはベンチマークテストで27万越えとの情報も。性能はかなり期待できそうです。

Zenfone5(ZE620KL)、5Z(ZS620KL)の残念なポイント

・下位版のZE620KLモデルでも5万円オーバー!(の予定)
・女性の方にはちょっと片手では持ちにくいサイズかも

Zenfone5(ZE620KL)はこんな感じ端末レビュー!

筆者もお先に台湾版をGETし、さっそく愛用していますので、簡単に端末の外観をレビューさせて頂きます。


箱の文字はブルーでカッコイイ!

箱の中にはこんな感じ。

付属品として透明ケースが入っています。最近のトレンドですが、嬉しいですよね。

高級感のあるツヤツヤ感とZenfoneシリーズの代名詞であるきらきら光るダイヤモンドカット!
付属の透明ケースを付けるとこんな感じになります。さすが純正品。ぴったりとフィットします。

デュアルSIMスロット。SIMカードとMicroSDカードは併用です。

噂のノッチ。これが最新のトレンドです!

デフォルトのアプリは必要最低限のみ。これは嬉しい限りです。
(※台湾版のみかもしれません)


Zenfone5(ZE620KL)で撮影。お洒落なカフェにて

こちらは通常モード

こちらは広角モード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安海外スマホ購入はこちら


詳細はこちら

コメントを残す

*