Zenfone 修理

Zenfone4 ZE554KLを分解!自分でパネルを交換する方法!


Zenfone4 の発売から1ヵ月近く経ちましたが、今回はZenfone4 ZE554KLを分解し、中の構造を確認していきます。ご自身でパネル交換をしたい方などの参考になれば幸いです。

今回分解に使用したもの

・画面割れしたパネル+フレーム
・個人使用のZenfone4 ZE554KL

Zenfone4の構造

基本的にはZenfone3 無印と同じ構造です。
無印の分解やパネル交換の経験があれば、Zenfone4も同様にパネル交換が可能です。

大きく①液晶パネル②フレーム③バックパネル④内部構造の4つに分けられます。

①液晶パネル

 
液晶パネルにはメインボードに繋がる線とホームボタンが付いています。

②フレーム

  
左が前面、右が後面です。

フレームには電源ボタン、音量ボタンが付いています。
ボタンが陥没してしまったというお問い合わせも良くありますが、内部部品の交換や調整で対応可能です。

また、ボタンのメッキが取れてしまったから交換したい、などの場合はフレームごと交換が必要となります。

③バックパネル

  
バックパネルはこれといった特徴はありませんが、スピン加工が綺麗ですね。
落下して破損することもありますが、メーカーで交換すると3,000円程度です。

④内部構造

  
こちらは上部。メインボード、バイブレーション、デュアルカメラが見えますね。
  
こちらは下部。SUBボードが見えます。隠れていますが、イヤホンジャックなどもここです。

こちらは全体像。

分解方法

パネル交換ですが、Zenfone4の場合はバックパネル側から順番にパーツを取り外す必要があります。

バックパネル→SUBボード→バッテリー→パネルの順です。

下記の写真のようにメインボードとパネルを繋ぐコードがバッテリーの下に入り込んでいるため、フロントパネル側だけでは交換作業ができません。

作業時の注意点

Zenfone4はZenfone3と比較し、バックパネルを取る作業、フロントパネルを取る作業の難易度が上がっています。

Zenfone3は粘着テープですが、Zenfone4はより強力な接着剤で接着されていることが要因です。

個人の方の修理の場合、粘着力を弱めるためにドライヤーをお使いになるかと思いますが、結構難しいですの。
根気のいる作業となります。

町のお店の修理

機種名型番 
Zenfone 4 無印 ZE554KL ☆ 修理料金表はこちら
Zenfone 4 Selfie Pro ZD552KL ☆ 修理料金表はこちら
Zenfone 4 Selfie ZD553KL ☆ 修理料金表はこちら
Zenfone 4 Pro ZS551KL ☆ 修理料金表はこちら
Zenfone 4 MAX(5.5インチ) ZC554KL ☆ 修理料金表はこちら
Zenfone 4 MAX(5.2インチ) ZC520KL ☆ 修理料金表はこちら

町のお店でもZenfone4シリーズの他、Zenfoneシリーズの修理を承っております。

この手のパネルは粗悪品も多く出回っておりますが、ASUS直結の工場から仕入れており、品質は間違いないものを使用しています。
もちろん修理後の不具合に備え、3ヵ月保証です。

落下などでパネルが割れて困っている方、自分でチャレンジしたけど失敗してしまった方など、ぜひ当ショップまでご相談ください!

Zenfone修理は料金が無料になる正規店がおすすめ


Warning: extract() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/machinoomise/smartphone-kaitori.shop/public_html/wp-content/themes/xeory_extension/lib/functions/bzb-functions.php on line 299

スマホのメーカ修理は町のお店へ


コメントを残す

*